解析ツール

2012-06-17

カエルdeナイト

てけてんてんてんてん・・

どうも ピョントル・カエール1世、カエール王国の王様だよ
今宵もばかばかしくもながぁ~い話を一席お付き合いくださいな

え~、みなさんはご存知ないかもしれないけれど、
カエル好きは世の中に存外たくさんいるものでして・・・
そんなカエル好きが集まるサークルというか、会がある、ということはカエルとして一応知ってはおりましたが・・・
引っ込み思案というか、
そもそもカエルはじっとしていることが多いものですから、傍観していたわけですな

王様、だいぶ前にツイッターってやつを登録しまして、無口なつぶやきを・・・
無口なやつがつぶやくわけもない 要するにつぶやいてないんですがね

ツイッターってのは、言ってみれば、電車や街中で思わず口に出して独り言を言う、って感じですかね~
周りの人は聞こえていても、知らない人のつぶやきなんて知らんぷり または、そもそも聞いてない
ツイッターもだいたいそれと同じなわけですが・・・

落語風に始まった今夜のお話・・・実は長いだけでオチはないのだ
それでもよろしければ続きをどうぞ



ピョントル1世「おい、大臣っ このフォローってのはなんだい
大臣1「はい、王様 それは王様に耳寄りな情報をお届けできるようにわたくしが登録した情報元です」
「ははぁ・・だから電車の運行状況とか天気予報とかカエルショップが登録されてるのだね」
大臣1「はい、王様 この王様ご自身の画面を見ていただくだけで、新しい情報がどんどん表示される仕組みでございます」
「おい、大臣っ このフォロワーってのはなんだい」
大臣2「はい、王様 それは王様のつぶやきを聞き逃したくないという民の一覧です」
「王様、つぶやいてないのに熱心な民だね」
大臣2「はい、王様 どうやらカエルショップのフォローをしたことで、カエル好きの民が、王様の写真を発見して集まってきたようでございます」
「ふうむ・・・・あっ
大臣1、2「王様、いかがなさいました」
「うっかり、何かボタンを押してしまったようだよ」
大臣1「王様、大丈夫でございます これは王様をフォローした民のつぶやきを王様も聞き逃さないためのボタンでございます」
「民の声を聞くのも王様の務め・・・そう言いたいのじゃな」
大臣2「それは王様のお考え次第かと・・・」
「まぁ、よい みなをフォローするとしよう」
てな会話があったかどうだか・・・

そんな感じで本当につい最近になって他の人のつぶやきを読むようになったのだね
そして先週の土曜、アクティ部サタデーの日に期間限定ショップ『かえるのピクルス ボン・ボヤージュ♪』へ行った日のこと・・・
目的地周辺に誰か来ているかな、とツイッターを確認すると
「ジジイ」を称している人と、結婚式に行くのでお店に行けないと嘆いている人がいたのさ

「おっさん」を称している人はわたしから見るとちっとも「おっさん」じゃない人が多い
「ジジイ」を称している人なら、もしかしたら「おじさん」なのかな・・・
と思いつつお店行くと、店内には数人の男性が・・・というか男性しかいなかったのだよ

でも、なんとなく・・・「カエルを撮影したり、iPadを取り出す人」がそれっぽい
その後、「なぜか礼服を着た人」がお店に現れ・・・ あれ?!
小心者の王様は、やや離れたところ隠れるようにして、ちょっとつぶやいてみると・・・
まさにiPadの人と礼服の人がツイッター仲間と判明したのだよ

王様、その日は逃げカエル 直接ご対面はしなかったのだ
その後に、たまたま大人のピクルス会があるとのお知らせを見たのさ
注:ピクルスはカエルのぬいぐるみの商品名
    大人の・・とあるのは要するに飲み会なのだ
    ちなみに年齢制限フリーの昼間に開催される会合もあるのだよ

いつものしょんぼり王様なら、ぜぇ~ったい参加しなかった
だいたいお見かけしたツイッター仲間も、まだつぶやきを読み出して日が浅い
王様は疑り深いのだ?!
でも、アクティ部部活中で勢い余って、参加表明してしまったのさ

ちょっとドキドキ・・・もじもじ・・・もごもご・・・したけれど

←王子(メーカーさん主催の写真コンクールで大賞受賞の証)に謁見したり、

つり好きが高じて魚をさばくのが上手な方の、ぬいぐるみのサイズに合わせたミニサイズのおすしやお造りの写真を見せていただいたり、

コスプレ(?)したカエルに会ったり

同じカエルのはずなのに、それぞれの方の愛情を受けて個性あふれるカエルに出会い、

あんなことになったり? こんなことになったり?
(どちらもオオサンショウウオに食われてる

楽しい時を過ごせてとても良かったぁ~

参加者11名(男性7名、女性4名)
イイ年した大人達がカバンにカエルのぬいぐるみを詰めて寄せ集まり遊ぶ様はかなりヘン
ヘンなのだけど、それを力いっぱい楽しんでいる様は、
とにかく明るく、圧倒的なエネルギッシュさにあふれていたよ

参加者は以前のイベント会場ですでに知り合った方同士に、
今回の幹事さんがツイッター利用者にも呼びかけをしたものらしいのだ
幹事さんの対応というか、文章がとても好感持てたのも参加を決めたポイントなのだ

幹事さん、どうもありがとうなのだ
参加者の方々もとても良い方たちで、とてもステキな出会いだったのだ

タイミングがちょっとでもずれたら・・・
他の場所で出会ったならば・・・

こういう楽しい機会はもてなかったかもしれない

本当に不思議な体験だったよ

-----
COMMENT:
AUTHOR: Ben2
DATE: 2012/06/17 10:31:35 PM
修行蛙さん、こんばんは。

アクティー部・ポジティ部?なカエルさんになられたんですね。
私も見習って?、アクティー部・ポジティ部に、今度ナイフショーに出展しようか…って考えてます。

初めての事って、ドキドキだし、勝手も判らずオタオタしてしまいますが、最初の一歩を超えたら…あとはスイスイですね。最初のドキドキも笑い話になってしまいますよね(^-^)/。

ところで、私もTwitterは登録してますが…やり方が今一つ判らず放置してます。Facebook…うちの奥様始めましたが…こちらも良く判らずです(>_<)。
-----
COMMENT:
AUTHOR: ちびくま
DATE: 2012/06/17 10:25:19 PM
修行蛙さん、こんばんは

未知のフォロワーさんが判明したんですね
それはなかなかレアな事だと思います。
ホントにグッドタイミングでしたね!

写真見てると、めっちゃ楽しい集まりだった事が
よ~く分かりました


-----
COMMENT:
AUTHOR: 修行蛙
DATE: 2012/06/17 11:30:13 PM
>Ben2さん、こんばんは

ショーにご出品とはすごいですね
それは、わたしの部活とはレベルが違う・・・

ちなみに、まだネガティ部も退部できてないので
当分は掛け持ち?です

twitterもfacebookもなんだか分からないですね~
でも、じゃんじゃん使わないと分からないままなのですよね・・・
一応、本を読んだのですが、さっぱり分かりませんでした
ブログもですが、自分でどういう付き合い方をするか
(人との付き合いというよりもその仕組みをどう利用するか)
は自分でいろいろ試しながら模索するしかないような気がします
-----
COMMENT:
AUTHOR: 修行蛙
DATE: 2012/06/17 11:15:57 PM
>ちびくまさん、こんばんは

今回はイベント(規模はさほど大きくない)があったので
見つける可能性は高かったのですが

ただ、わたしのしょんぼり気質だと実際に声を掛ける・・・ということは
出来なかったと思います
タイミングがちょうど良かったのだと思います

え?こんな写真で、楽しそうな感じが伝わりましたか
だってオオサンショウウオに食われて・・・(苦笑)
-----
COMMENT:
AUTHOR: ママ先生
DATE: 2012/06/17 11:46:12 PM
修行蛙さん こんばんは
ステキなひと時を過ごされたんですね
ぜったいカエル好きさんどうしなら
盛り上がること間違いなし
しかしますます 好きに磨きがかかってきたのではないでしょうか
王様バンザイ
-----
COMMENT:
AUTHOR: 修行蛙
DATE: 2012/06/18 12:55:20 AM
>ママ先生さん、こんばんは

正直・・・カエルが好きだからと言って仲良くできるか
とっても不安でした
場の空気を盛り上げてくれる方がたくさんいたので
一緒にいるだけで楽しい~という感じでした
まだ興奮覚さめ遣やらぬ・・?な感じです
さて、そればかり・・・という訳にもいかないので
他にもいろいろがんばらなくちゃという気持ちで一杯です
-----
COMMENT:
AUTHOR: 晴耕雨読
DATE: 2012/06/18 03:52:46 AM
修行蛙様、おはようございます。
なかなか素敵な出逢いがあったようですね!
いろいろなカエルさんの写真、おもしろいです。
眼帯をしているカエルさんは、シルバー船長ですか?それとも丹下段平ですか?
-----
COMMENT:
AUTHOR: 修行蛙
DATE: 2012/06/18 05:48:57 AM
>晴耕雨読さん、おはようございます
あれ?ずいぶんお早いですね…まさか、またタイムトラベル?!
ちゃんとお布団で休まれたでしょうか

はい、晴耕雨読さんや皆様からいつも後押しいただいたおかげで
またひとつ新しい出会いがありました
ありがとうございます♪

あ、写真のカエルはダンペイです(^o^)

0 件のコメント:

コメントを投稿