解析ツール

2012-01-24

男には飲ませるな?

あれ一緒に育ったんだっけ と思うくらい、
子供の頃の思い出に共通点の多い人が会社にいる

先日、とあるブロ友さんの記事を読んで、お屠蘇のことを連想した
そこで、その人にお屠蘇の話をふってみた

「お正月のお屠蘇ってみりんに屠蘇散入れて作るの知ってましたか
「うん そうだね、屠蘇散で作るよね」
「その屠蘇散って生薬だって知ってましたか
「成分までは知らないけど、生薬なことは知っているよ」
「生薬だから微妙な味がしたんですねぇ
「あぁ、そうだね・・・でも、うちは赤玉スイートワイン、赤玉パンチを飲むようになったな」
ええっ うちも赤玉パンチでしたよっ

ということで、赤玉パンチ・・・

赤玉パンチとは、サントリーが1977年(昭和52年)に発売した
鳳蘭が「男には飲ませるな!」というCMが評判に!
赤玉スイートワインをソーダで割ったもの(炭酸だったっけ?
しかも、デキャンタタイプのボトル
(Wikipediaから抜粋)

その赤玉パンチがこれだっ
(中身は入ってないよぉ

その昔、母が、きれいだから花瓶か何かに使えるだろう、と取っておいたもの
もっとも母が花を買ってくるのを見た覚えはないが・・・
そして、今はわたしが引き継いだ
お母さん、ちゃんと花瓶にしてるよっ

赤玉パンチはちょっと・・いや、だいぶ甘かった
1980年代後期に製造中止しちゃったらしいねぇ

-----
COMMENT:
AUTHOR: Kaze
DATE: 2012/01/25 08:53:10 AM
おはようございます(*^O^*)/
懐かしい品物が出てきましたね
赤玉は甘かったですね…
高校卒業して同級生の家で飲み会をしていて(未成年ですが、もう時効
女の子が赤玉を飲んでしばらくして
甘いと言ってホワイトを飲み、酔って吐いたのを介抱した思い出があります…
今のように未成年が飲酒したからといって
新聞に載らなかったおおらかな時代でした
-----
COMMENT:
AUTHOR: 修行蛙
DATE: 2012/01/25 12:48:19 PM
>Kazeさん、こんにちは
ご存じの方がいらして良かった
空き瓶は使ってても、中身の方は完全に忘れていて、
そういえばこれ「赤玉パンチ」の瓶だったなぁと久しぶりに思い出しました。
Kazeさんの思い出・・・甘い赤玉ならではの甘い思い出(?)ですねぇ
-----
COMMENT:
AUTHOR: 晴耕雨読
DATE: 2012/01/25 08:57:37 PM
ひゃあ、記事に私の名前がっ!しかもリンクまで。
ありがとうございました。
そして修行蛙様のファンの皆様で稚拙な私のブログへお越し下さった方、大変恐縮です。
この場をお借りしてお詫び申し上げます。
これから一層精進致しま~す。

ワインは・・・ちょっとだけ飲めるワタクシ晴耕雨読でございました。
-----
COMMENT:
AUTHOR: 修行蛙
DATE: 2012/01/25 10:38:17 PM
>晴耕雨読さん、こんばんは
記事に自分の名前がでてると、嬉しいやら驚くやら・・ですよねぇ
先日の 仕返し お返しですよぉ

0 件のコメント:

コメントを投稿