解析ツール

2011-07-24

夏との闘い、二勝一敗?

枯れるものもあれば、枯れそうに見えて復活してくるものもある
わたしの庭では植物が暑さと闘っている(台風の風とも

今咲いているのはゼラニューム2鉢のみ・・・さみしい・・・

これは葉のカタチも色も、もみじっぽい、もみじ葉ゼラニューム
花はやや可憐
最初わたしになじまず枯れそうだったのに、どうにか落ち着いて枯れずに三年目

その横に一緒に植えたのはワイヤープランツ

水やりが間に合わず、葉が全滅したので一時は枯れたと思った
しばらくしたら、新しい葉がでてきて復活
枯れた部分を取り除いたら、かなり小さくなってしまったけれど

ゴールドクレストも水切れで枯れるかもと思った
ゴールドクレストというとクリスマスツリーのように自然にきれいな円錐形に育つはずなのに、うちの子は背だけは大きくなるけれど、夏には蒸れるらしく葉が部分的に枯れてしまうので、枝ばかりで葉がすかすか
そこへ今回の水切れ・・・だめかと思った
それでもまた新しい葉がでてきた

出勤前の朝と帰宅後の夜と、鉢の水の具合を確認するのだけど、
帰宅が遅くなると水切れの状態も長くなる日もある

朝少し寝坊して、慌てて十分な水やりができない日もある

夜に水をあげた次の朝にまだ土が乾いてなく、さらに水やりしておくべきか判断に迷う日もある
今日は暑くなるからと水を足しておくと、その後アンガイ水を吸わず、やりすぎになることもあるし、まだ大丈夫と思うと、その後再起不能なぐらいぐったりしてしまうこともある

そんなこんなで、
現在この夏で枯れそうで枯れなかった鉢2つと枯れた鉢(セントポーリア)1つ
加えて葉の色が怪しくなってきたバラの鉢がひとつ・・・
バラさん、がんばって~

0 件のコメント:

コメントを投稿