解析ツール

2015-02-04

美味しい話の裏に


今日は王様は汚職じ・・じゃなくてお食事会だったのだ

職場に新人さんが来たので歓迎ランチ会

4時までの時短勤務の方がいるので、いつもランチ会なのだけど
ランチだと出勤するなら必ず参加という強制っぽいのがちょっとイヤ・・・

もちろんお酒もなし
昼休みは1時間なのだけど、ランチ会の日は1時間半くらいになるのが利点?
もちろん普段行かないようなお店で美味しいお食事ってのが一番の利点だけどねっ

今回は日比谷公園内のフレンチレストラン
メインディッシュはもち豚ロースのロースト黒胡椒風味のソース!!
メイン
こんなに立派なお肉・・・・すごいねぇ・・・

とっても柔らかくて美味しかったよ
前菜にサラダもあったよ、写真はないけど

そしてデザート
デザート
苺とココナッツのクリーム、カモミールのアイスクリームと一緒に

ところで、こういうメニューにありがちな ”~と一緒に” ってなんだろう?
なんだろうっていうか、なぜこんなネーミングにするのかな

元々はフランス語のメニューで、英語でいうところの “with” を
そのまま日本語にしているんだろうなというのは王様だって分かるよ
上のデザートも英語のメニューには
Strawberry & coconut cream, with chamomile ice-cream
ってなってる

だけどね、別にわざわざ ”一緒に” なんてしなくもいいと思うのだよ
「苺とココナッツのクリーム&カモミールのアイスクリーム」でいいんじゃないの?
そう思うのは王様だけかい?

まぁ、そんなことはどうでもいいか・・・
デザートもとても美味しかったのだよ

「美味しい」「美味しい」とそればかりだけど
それ以外の言葉ではうまく説明できないよ

以上、美味しいお話だったのだ


え?美味しい話の「裏」はどうしたって?
どうだ、「うら」やましいだろう・・ってだじゃれか

0 件のコメント:

コメントを投稿