解析ツール

2018-02-10

金ぶら

のっけからこんなことを書くのは恐縮だが、たぬきの話ではない
誰もそんなこと思ってない?それは失礼した・・

銀座をぶらつくのが「銀ぶら」ならば、
金曜日にぶらついたら「金ぶら」でもいいじゃないか(よくない)

三菱一号館美術館のチケットをいただく機会が多いのだけど
いただくタイミングはバラバラで、たいてい会期スタートしてからなのね
すごく観に行きたいと思った展示があっても全然いただけそうな感じがなく
今回は自腹で行こうと腹を決めるとふっと手に入ったり、まぁ、そんな感じ

それが今回は会期前にいただいたのだよ
そのことに全然気づいてなくて、先々週の金曜と先週の金曜に
「今日行こうかな・・・」と思っては、結局気が乗らなくて行くのをやめていた
おとといぐらいに初めて会期が2月8日からだと気づいたΣ(゚Д゚)
さすが王様、うっかりすぎる
先々週か先週に美術館に行って「やってない・・」と泣くとか、
いかにも王様がやりそうなことだ、あぶなかった

正直今回の展示のルドンのことはその存在も絵もまったく知らなかった
第一印象としては「あまり好みではないかも」
しかし、何点か観ているとその色使いがとてもきれいなことに気づいた
植物に焦点をあてたとのことなので、花の絵も多いのだけど
花の色がきれいなのはもちろんのこと、背景の色がまたきれいなんだ
背景は塗りつぶしなんだけれど、青系の色のグラデーションだったり
明るめの淡い色で、花の鮮やかさと相まって更に鮮やかな感じ
写真は最大級のパステル画のレプリカ(撮影スポットだからね)
もちろん実物が展示されているのだけど、すごく大きい
パステルってチョークみたいな、クレヨンみたいなやつだよね?
この大きさを描くのはすごく大変だったんじゃないか・・?
しかし、この優しい色合いはパステルだからこそなんだろうなぁ

ルドンは幻想的な絵でも有名らしく、炭で描いたモノトーンの絵は
発芽した種が人の顔になってたりととても奇妙な世界
奇妙な絵は割りと好みなのでこれはとても楽しい
美しい色彩の絵と奇妙な絵のギャップもおもしろく
第一印象の「あまり好みではない」というのは完全に吹き飛んだのだ

帰りはいつものドトール系の高級な店へ・・
三菱一号館美術館は東京駅と有楽町駅の間にあるのだけど
行きはいつも東京駅から歩くのに、美術館を出ると有楽町の方が近いなと毎回思う
バカなんじゃないだろうか・・(´・ω・`; )
有楽町の近くのコーヒーショップはどこも混んでて空席探すのが大変だけど
このお店はいつ行っても空いてるのでついつい足を運んでしまう
お高いのに・・・お高いのに・・・
今日のお高いコーヒーはケニアAAキアワムルル
そして、お高いサンドイッチはサーモンのわさびチーズクリーム
鼻につーーーーんっときたので思わず青くなったとさ・・・
美術館に行くのでネクタイまでしておしゃれして・・・って?!
実はこれ本日から発売された「駅長さん」
東京駅に行くならついでに寄ってしまうよね・・・
東京駅で本日から開催のかえるイベントは八重洲側なので
三菱一号館美術館のある丸の内側とは駅を挟んだ反対側
ちっとも「ついで」な気がしないが金曜だからぶらぶらしたよ、ぶらぶら

ルドン 秘密の花園(~5月20日(日))
三菱一号館美術館

2 件のコメント:

  1. ルドン。。全然知らなかった。色あいきれいですねー。
    せっかくだから「Café 1894」で花のようなケーキ食べたいなー
    でサイト内探索していたら、「女子割」なるものがあるじゃないですかー
    知らんかった。( ゚Д゚)
    水曜日だけどね。

    ところで駅長さん買うと思ってましたよ(ΦωΦ)フフフ…
    そこの前で張ってればよかった。

    返信削除
    返信
    1. Café 1894はね、ステキなお店ですよ(お高いけど)
      一回しか行ったことないけど混んでいてなかなか入れなかった思い出
      あれは土曜日だったせいかな・・・?

      駅長さんは買う気なかったんですよー、ほんとほんと
      ハート抱えた横向きのコを買うつもりで行ったのに
      なぜ赤ではなく青になってしまったのか・・わからぬ・・???
      さて・・・置いていかれたハートちゃんの立場は??
      おサイフの紐は??以下、次号に続く?!

      削除