解析ツール

2016-03-11

椿・再び

草月本部の家元研究科に行ってきたよ

今月のテーマは「出会いを求めて」

うーん・・・テーマを見ても何も思いつかず・・・
並んでいる花材を見ても何も浮かばず・・・
とりあえず気になった花材を手にとるもアテはなく・・・・

先月ほぼ初めてに近いカタチで椿をいけた
全然うまく扱えず冷や汗だらだらになった時
椿はたくさんいけて慣れるしかないとその時の講師に言われたので
今月も椿にチャレンジしてみたのだ

今日の椿は乙女椿、かわいい花に惹かれたというのもあるのだけどね

椿に何をあわせたらいいのだろう・・・と考えて
椿がチューリップと出会ったらどうなるかな
というのが一応今回自分で考えたテーマの解釈

そして答えがこちら
椿とチューリップ(after)
かえるさん、ちょっとカメラに近寄りすぎ・・・

この花器の丸みをおびた感じとぬめっとした表面の感じがなかなか気に入ったのだ

最初は椿をそこそこ背を高くしていけようと思ったのよ
でもね
この花器から葉がわさわさでてくる・・というか
花器に葉がぎっしり詰まってる・・というような感じがいいかな
と、途中から思ったのだ

椿は見せたい部分だけを残して
先端も少し切ったし、背も低くして、
口元に葉がわさわさするようにしたのだよ

家元からの講評では、

この花器に沿うように葉が出てるのが良い
そこをもっと強く出しても良かった

実はね、最初は左だけじゃなく右にもちょろりと枝が伸びていたのだよ
椿とチューリップ(before)
左右に枝がでてると花器に沿う葉の印象が薄くなるので
右は無い方が良いと家元に指摘されたので取ってみたのが最初の写真だよ

いけ始めには頭真っ白だったのに
やりたい事が見つかって
それが家元にも一応伝わった・・というところまでは良かった

後はもう少し自分の思いをカタチにする力があれば良かったのかな
この「もう少し」がなかなか出来なくてもやもやするね


にほんブログ村 花・園芸ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿