解析ツール

2011-04-14

身近な細道

歩くのは嫌いじゃないけど、たいていは目的(地)があって歩いていた
散歩の修行だから、目的地は二の次、とにかく散歩しなくちゃいけない(?)
とりあえず自宅の近所を歩くことにした

この地に住むようになって結構長いのに、
駅から自宅までの間でたいていの用事は済んでしまうから
駅や自宅からちょっと離れただけでもう”知らない町”

その”知らない町”には、細い道がたくさんある
車が一台やっと通れるくらいの細い道
人しか通れない細い道
途中でくねっと曲がっていてどこに向かうのか先が見えない細い道

道の入り口で通り抜けができるかどうか迷うのも
行き止まりで引き返すところを誰かに見られるのも
ちょっと恥ずかしい・・・
誰も見てないのを確認してさっと細道に入る

なんてことのない道なのに、なんだかどきどきわくわくする
(この道の先は行き止まり。神社の横にでた)


両側の家と家の間が迫っていると、
何かイケナイことをしているようでハラハラ
道が曲がっていたり、日が入らずすこし暗い道は
秘密基地でも行くようでキンチョー

徐々に知っている町に変わりつつあるけれど、
細道はたくさんあってまだ覚えきれない
おかげで近所なのに何度も迷子になることができる

万が一に備えてポータブルGPSマップも購入したから
本当に道が分からなくなって帰れないなんてことはないけれど・・

帰れることが分かっているから安心して迷子になるのを楽しんでいる
知らない間についついたくさん歩いてしまう

次にまた冒険に出る日が楽しみ

0 件のコメント:

コメントを投稿