解析ツール

2017-11-18

帰ってきた?金曜美術館

最近残業だったり気持ちが疲れていたりして
足が遠のいていたのだけど・・・ひさしぶりに行ってきたよ、美術館!!

コレね

「光の教会」を原寸大で再現したんだって・・再現か・・しちゃうことがすごいなぁ

建築家の展示ってあまり行かない、ほとんど初めてに近い
いや、かつて行ったことあるな・・あれはなんだったかな?
ということは人生で2回目か・・・

今日は午後休みだったので、平日ならゆるりと見られるかなと思ったのだけど
入場制限やチケット売り場の行列こそなかったけれど、結構人がいた

分散すればそうでもないんじゃないかと思うのだけど
なんか人が偏って行列ができちゃうのよね・・
美術館の中で行列に並ぶのが大嫌いな王様は
「マジメに」行列に並んでる人からすると「横入り」的に位置から観たよ
もっとも、ぐりぐり割り込んでいかず、たまたま前が空いたら近寄るという感じなので
全然近寄れない場所は少し後ろで人と人の隙間から覗き込むだけなのだ
あまりじっくりは観てこなかった、観られなかった(´・ω・`)

人が並んでしまう場所はどうやら現地を撮影してきた動画だったので
一つ見終わるまでにちょっとは時間掛かるし、もういいやってことにした

誰もいない模型はたくさんあったので、それはじっくり観られて堪能できた
ミニチュアに興味あるから、模型ってドールハウスっぽくて好きさ

しかし、建築として考えるとやはり実物を見て体験しないと面白さが分からない気がした
上の写真の原寸大で再現したのは、ほぼ本物と同じだとは思うけど
後で壊す前提で作ったんだから本物とはやっぱり違うと思うと同時に
何よりもこれは本物の教会じゃないってことなのだよ・・・

信仰心の薄い身で言うのアレなんだけど・・神様の不在感がね、するのだよ

みんなパシャパシャ写真撮ってるし、
宗教施設に行くと感じる厳かな空気なぞみじんもないのだ
展示品だし、仕方ないことではあるのだけどね・・
建築物はそれを実際に利用する"中の人"がいてこそなんじゃないのかなぁと思ったりしたよ
だからダメだという意味ではなく、あれはベツモノなのだ
「光のインスタ映えする建物」なのだ
それでも充分おもしろいけどね、本物を見てみたいとも思うよね

模型もね、ヘンな場所(?)に建てたりしてるから
地形を再現したジオラマ付きだったりしてるのが特に面白かった
山の斜面とかをダンボールや板を何十にも重ねて再現してるんだよ
こんな山の再現とかどうやって作るのかなぁとじろじろ見てたら、
ひっくり返った虫(カナブン?怖くてよく見なかった)が起き上がろうと
ジタバタしてたことに気づいてしまい、たいへん驚いたのだ!(ムシキライ)

美術館ですっかり歩き疲れた王様は喜んで甘い誘惑に負けたのだ

ケーキセットを食べる王様の横には
昼間からグビグビしてるビールクズが2組ww
特に珍しくもないのかもしれないけど、ちょっと不思議な気持ちになったよ

安藤忠雄展-挑戦- ~ 12月18日(月)
国立新美術館

0 件のコメント:

コメントを投稿